ミニバン、ハイブリッドについて調べてみよう

ミニバンというのはファミリー層に人気がある箱型のクルマという事になっていますが、小さな子どもを育てているファミリー層から特に人気ということもあって、「小さな子どもをクルマに乗せて使うため」という部分にフォーカスをした、基本的な装備や走行性能を含めた各ポイントというのが、似たような状態となっています。

たとえばスライドドアや3列シート、全席ウォークスルーといった部分は、今やミニバンの最低条件にもなってきていますが、エクステリアの雰囲気も近いイメージになっていますね。そんな中で新たな選択肢の一つとしてライナップされてきているのが、このハイブリッドモデルということになります。

実は高級モデルのミニバンでは、かなり前からハイブリッドモデルが販売されていました。たとえばアルファードやエスティマといった車種は、かなり以前からハイブリッドモデルというのが存在していました。

しかしハイブリッドというのは、進化進歩が非常に早く、裏返せば過去のハイブリッドモデルというのは、ハイブリッドとしてのメリットが少し小さい部分もあったということになります。

そのため、価格がシビアに判断される、人気クラスのミニバンでは、これまであまりハイブリッドというのがありませんでした。今回はそんな、ミニバンのハイブリッドについて、チェックをしてみたいと思います。

 ミニバンのハイブリッドは、そもそも得なのか?

まずミニバンのハイブリッドモデルでよく言われている部分について、ご紹介をしてみたいと思います。それはずばり、本当にハイブリッドはお得なのかという部分です。

というのは、ハイブリッドのミンバンは、ガソリン車に比べて30万円や50万円といった単位で高くなるのです。代表的なミニバンであるヴォクシーで言えば、ガソリン車で高いグレーにした場合は300万円ほどにありますが。ハイブリッドになると、300万円が最低ラインといったイメージになるのです。

それだけ差があるというとこは、購入した後に、その差額分を浮いたガソリン代で取り戻せるのかどうかというのが気になります。

ですので、ガソリン価格がとても高い時期は、走行距離がさほど多くなくても、ハイブリッドならではの車両価格の高さを取り戻せるかもしれませんが、ガソリン価格が下がってくると、かなりの距離を走らないと、ハイブリッドの高い車両価格を取り戻せないということになります。

詳しい計算はここでは割愛させていただきたいと思いますが、本当にハイブリッドで得するのかどうかという部分は、事前にしっかりとチェックをしておきたい部分ですね。

 中古相場のチェックは、ミニバン購入の良い判断材料になる

ハイブリッドのミニバンを購入する上で、一つの良い判断材料となるのが、中古車の相場です。どういう事なのかというと、そもそもハイブリッドの車というのは購入価格が高くなりますので、中古相場でも高い価格で取引をされている場合が多いのです。

つまり、たとえ高い価格で購入をしたとしても、売るとなった時に高い価格で売却できれば、さほど大きな損はしないという事ですね。結局は高い価格で売れてしまうので、実質どれくらいの価格で買えるのかを検討する、という流れになります。

もう一つのポイントとしては、最初から中古車を購入するという部分です。ハイブリッドは、購入さえしてしまえば、基本的にはガソリン車よりも圧倒的な燃費となります。

それなら中古車で安くで購入した方がお得になる可能性が高いということですね。

実際に、ガソリン車の新車購入価格で、良い状態のハイブリッドの中古車が購入できる場合もあります。こういった中古相場というのは、ハイブリッドを検討する上でよい材料になるのではないかと思います。

ミニバンのハイブリッド、こんなモデルがラインナップされている

ミニバンのハイブリッドとしては、まずアルファード、ベルファイア、エスティマ、セレナ、フリードといった車種がラインナップされています。

やはり車両価格が上がってしまうというデメリットがありますので、できるだけ出費を抑えたいファミリー層向けのクルマとなると、ハイブリッドを搭載するのが難しい側面もあるのかもしれません。

それでも日産のセレナがモデルチェンジと同時にハイブリッドタイプを投入した事もあって、これから先、ハイブリッドはもっと増えていくという流れになるのではないかと感じます。

 ミニバンのハイブリッド、やはり燃費はすごい

ミニバンのハイブリッド、これまで車両価格といったデメリット部分に多く触れてきましたが、ではメリットとなる燃費の部分はどうなのかというと、これはもはやガソリン車が足元に及ばないほどに、圧倒的な数字となっています。具体的には、ヴォクシーやノアは、カタログ表記でリッター23.8kmとなっています。

ガソリン車でのカタログ表記がリッター16kmとなっていますので、それだけを比較しても圧倒的ですね。

実燃費となると、ガソリン車の場合はどうしてもカタログ表記の半分ほどになってしまう事もありますが、ハイブリッド車ではカタログ表記の7割近くが出るとも言われていますので、日々の生活での体感は大きく違うのではないかともいます。

ハイブリッド車は買取時も高値である

例えば話題になっているプリウス。やはり、買取時も高価で以下の記事では詳しくこのように書いています。

今回のデータを見ると、プリウス5年落ちで走行距離10万㎞以上の相場は、大体50万~60万。ただ、いくら出回っている台数が多いからといって、人気である車種であることは間違いなく、プリウス全体で見たとき、非常に高い金額で取引が行われているようですね。
出典:プリウスを買取査定してみた!高く売るにはどうすれば?

買取時も考えるのであれば、次に乗り換えることも考えて、ハイブリッドにしておいた方が良いでしょう。

まとめ

ミニバンのハイブリッドについてチェックをしてみましたが、いかがでしょうか?

燃費が良くなる一方で、車両価格が上がるというデメリットもありますが、長距離を走ったりする場合や、最初から中古車の購入を検討されている場合など、メリットの部分をより大きくするポイントもあります。

そういった部分を事前に比較検討しておくのも、大切ですね。

 

 

ミニバン、インテリアの比較は無意味になってきている?

ミニバンと言えば、広い室内空間と大きな荷台が特徴ではありますが、そんなミニバンのインテリアについては、もはや競合他車との比較検討が、無意味になってきているとも言われています。

つまりインテリアの部分であまり差が付いていないということを指しているわけなんですね。もちろん細かい違いはあります。たとえばエンジンをかけるスイッチが、ハンドルの右側にあるのか、左側にあるのか?という点、あるいはインパネの配置、デザインなど、細かく見ていけばいくつもの差が見つかります。

しかしそれはミニバンだけに限った話ではありませんよね。ミニバンがミニバンであるための基本的な装備については、どの自動車メーカーのミニバンも、ほぼ差がない状況となってきているというイメージです。今回はそんな、各自動車メーカーのミニバンについて、インテリアを見てみたいと思います。

 ミニバンのインテリア、暗黙の了解となりつつある「基本装備」

ミニバンのインテリアには、ミニバンがミニバンであるための基本装備とも言えるものがいくつか存在しています。もちろんこれは、法律で決められているわけでもありませんし、自動車メーカー同士で何か取り決めをしているわけでもないと思います。

時代の流れとともに、自然にそうなっていったというイメージですね。そんな暗黙の了解とも言えるミニバンの基本装備を、5つほどご紹介と思います。まずはスライドドアですね。スライドドアのないミニバンというのは、もはや「あり得ない」というレベルにすらなっているのではないかと思います。

2点目はウォークスルー、3点目は3列シート、4つ目は大きな荷物スペースを作れるシートアレンジ、5点目が、子どもが歩けるくらいの余裕がある高い室内高ですね。ただこの5点目については、ミニミニバンと呼ばれるシエンタやフリードでは、難しい場合もあります。

 ミニバンは、乗る人物像を最も想像しやすいクルマの一つ

なぜミニバンには、このような暗黙の了解とも言える基本的な装備が決まってきたのかというと、購入する人の人物像、家族構成がとても分かりやすいからだと言えます。ミニバンは特にそれがわかりやすいのではないでしょうか。

基本的には子供のいるご家庭ですね。特に、子どもが生まれたばかりであったり、幼稚園に通い始めたというくらいで、ミニバンを購入される方が多いと聞きます。

つまりそういった、購入される方の人物像や家族構成がかなりはっきりとしているので、それに合わせて必要な装備を整えていった結果、現在のような形になってきたという事が言えると思います。

ミニバンのインテリア、高級モデルはどう違う?

ミニバンのインテリアについて、実際に車種名を挙げながら比較をしてみたいと思います。まずは高級モデルを見る前に、標準的なミニバンについてチェックをしてみたいと思います。

標準的なミニバンというのは、排気量としては2.0Lクラスで、車種としてはヴォクシーやノア、セレナといった「いわゆるミニバン」と呼ばれるクルマですね。

3列シートでウォークスルー、スライドドアといった基本的な装備が充実してるのはもちろん、小さな子どもがいるご家庭には嬉しい、さりげない手すりがついていたり、直射日光を和らげるアイテムが装備されていたり、ファミリー層にとってはとても充実した装備となっています。

ではそんな標準的なミニバンと比べて、高級モデルは何が違うのでしょうか?車種としては、アルファードやヴェルファイヤ、エルグランドが挙げられます。まず有名なのが、2列目シートのスーパースライドです。

3列目シートを床下に格納し、2列目シートを最後列までスライドさせると、圧倒的に広いスーパーリラクゼーションという形にできてしまう点です。また、2列目シートが左右で独立しているグレードもセッティングされていますので、助手席と同じように、自分に合わせてシートをスライドできます。

こういった居住性の高さ、快適性の高さというのが、高級モデルのミニバンにおけるインテリアの特徴だと言えますね。

  ミニバンのインテリア、小さいタイプにする場合の妥協点

小さなタイプのミニバンは、たとえばシエンタやフリードといった車種がありますが、強みは3つです。一つは車両価格が安いこと、もう一つは燃費が良いこと、そしてもう一つは小さくて運転がしやすいのに3列シートであること、という部分です。

こういった強みがある小さなタイプのミニバンですがその強みがそのまま妥協点になっているとも言えます。つまり、天井が低かったり3列シートとは言っても3列目が少し窮屈だったりするわけですね。

まとめ

ミニバンのインテリアについてチェックをしてみましたが、いかがでしょうか?クルマというのは色んな要素のバランスの取り方によって変わってきますが、ミニバンは特にそういった部分がインテリアに出やすいのかもしません。

基本的には、標準的なモデルと、高級タイプ、コンパクトタイプの3つという分け方でインテリアをチェックすると、分かりやすいのではないでしょうか?