ミニバン、インテリアの比較は無意味になってきている?

ミニバンと言えば、広い室内空間と大きな荷台が特徴ではありますが、そんなミニバンのインテリアについては、もはや競合他車との比較検討が、無意味になってきているとも言われています。

つまりインテリアの部分であまり差が付いていないということを指しているわけなんですね。もちろん細かい違いはあります。たとえばエンジンをかけるスイッチが、ハンドルの右側にあるのか、左側にあるのか?という点、あるいはインパネの配置、デザインなど、細かく見ていけばいくつもの差が見つかります。

しかしそれはミニバンだけに限った話ではありませんよね。ミニバンがミニバンであるための基本的な装備については、どの自動車メーカーのミニバンも、ほぼ差がない状況となってきているというイメージです。今回はそんな、各自動車メーカーのミニバンについて、インテリアを見てみたいと思います。

 ミニバンのインテリア、暗黙の了解となりつつある「基本装備」

ミニバンのインテリアには、ミニバンがミニバンであるための基本装備とも言えるものがいくつか存在しています。もちろんこれは、法律で決められているわけでもありませんし、自動車メーカー同士で何か取り決めをしているわけでもないと思います。

時代の流れとともに、自然にそうなっていったというイメージですね。そんな暗黙の了解とも言えるミニバンの基本装備を、5つほどご紹介と思います。まずはスライドドアですね。スライドドアのないミニバンというのは、もはや「あり得ない」というレベルにすらなっているのではないかと思います。

2点目はウォークスルー、3点目は3列シート、4つ目は大きな荷物スペースを作れるシートアレンジ、5点目が、子どもが歩けるくらいの余裕がある高い室内高ですね。ただこの5点目については、ミニミニバンと呼ばれるシエンタやフリードでは、難しい場合もあります。

 ミニバンは、乗る人物像を最も想像しやすいクルマの一つ

なぜミニバンには、このような暗黙の了解とも言える基本的な装備が決まってきたのかというと、購入する人の人物像、家族構成がとても分かりやすいからだと言えます。ミニバンは特にそれがわかりやすいのではないでしょうか。

基本的には子供のいるご家庭ですね。特に、子どもが生まれたばかりであったり、幼稚園に通い始めたというくらいで、ミニバンを購入される方が多いと聞きます。

つまりそういった、購入される方の人物像や家族構成がかなりはっきりとしているので、それに合わせて必要な装備を整えていった結果、現在のような形になってきたという事が言えると思います。

ミニバンのインテリア、高級モデルはどう違う?

ミニバンのインテリアについて、実際に車種名を挙げながら比較をしてみたいと思います。まずは高級モデルを見る前に、標準的なミニバンについてチェックをしてみたいと思います。

標準的なミニバンというのは、排気量としては2.0Lクラスで、車種としてはヴォクシーやノア、セレナといった「いわゆるミニバン」と呼ばれるクルマですね。

3列シートでウォークスルー、スライドドアといった基本的な装備が充実してるのはもちろん、小さな子どもがいるご家庭には嬉しい、さりげない手すりがついていたり、直射日光を和らげるアイテムが装備されていたり、ファミリー層にとってはとても充実した装備となっています。

ではそんな標準的なミニバンと比べて、高級モデルは何が違うのでしょうか?車種としては、アルファードやヴェルファイヤ、エルグランドが挙げられます。まず有名なのが、2列目シートのスーパースライドです。

3列目シートを床下に格納し、2列目シートを最後列までスライドさせると、圧倒的に広いスーパーリラクゼーションという形にできてしまう点です。また、2列目シートが左右で独立しているグレードもセッティングされていますので、助手席と同じように、自分に合わせてシートをスライドできます。

こういった居住性の高さ、快適性の高さというのが、高級モデルのミニバンにおけるインテリアの特徴だと言えますね。

  ミニバンのインテリア、小さいタイプにする場合の妥協点

小さなタイプのミニバンは、たとえばシエンタやフリードといった車種がありますが、強みは3つです。一つは車両価格が安いこと、もう一つは燃費が良いこと、そしてもう一つは小さくて運転がしやすいのに3列シートであること、という部分です。

こういった強みがある小さなタイプのミニバンですがその強みがそのまま妥協点になっているとも言えます。つまり、天井が低かったり3列シートとは言っても3列目が少し窮屈だったりするわけですね。

まとめ

ミニバンのインテリアについてチェックをしてみましたが、いかがでしょうか?クルマというのは色んな要素のバランスの取り方によって変わってきますが、ミニバンは特にそういった部分がインテリアに出やすいのかもしません。

基本的には、標準的なモデルと、高級タイプ、コンパクトタイプの3つという分け方でインテリアをチェックすると、分かりやすいのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です